腸内フローラとは?

2018.12.27

 「腸内フローラ」という言葉を最近何かと耳にするようになりました。

私たち一人ひとりの腸内には100種類以上の細菌が100兆個以上棲みついており、なかでも小腸終末部分の回腸から大腸にかけては、その多様な腸内細菌が種類ごとにまとまって、ビッシリ腸内の壁面に生息しています。その様子が、まるで様々な植物が種ごとに群生している花畑(英語でflora)のように見えることから「腸内フローラ」(腸内細菌叢)と呼ばれています。

 これらの細菌は、一つ一つはとても小さいのですが、私たちの健康を左右する大きな影響力を持っています。

 腸内フローラのバランスが悪いと、便秘や下痢だけでなく、肥満や生活習慣病・老化の促進・がんやアレルギー等様々な病気や不調を引き起こす要因となり得ます。

反対に、腸内フローラのバランスを整えきれいな腸内環境を維持すれば、病気にかかりにくく、心身ともに健康で長生きできる体作りに貢献してくれます。

 ⇒お役立ち情報一覧へ戻る

▲このページのトップに戻る