冷えは万病のもと-体温と免疫力との関係-

2019.8.1__sozai__/0011831.gif

昔から東洋医学では「冷えは万病のもと」と言われています。

 冷たいものをたくさん飲んでお腹を下したことがある人は多いと思います。これは冷たいもので胃腸が冷えてしまうことでその働きが低下してしまうためです。ですが、冷えるのは胃腸だけではありません。

体内では肝臓や腎臓をはじめとした臓器が様々な代謝を行っているのですが、体温が低下するとその働きも低下してしまいます。さらに体を病気から守る免疫機能も、冷えによって低下します。免疫力は腸の活動と大きく関係があります。体温が1度下がると、免疫力は30%以上低下すると言われています。 

そのため冷えの状態が続くと体全体の機能が低下し、風邪をひきやすくなるのはもちろん、自律神経失調症、生理痛の悪化、頭痛、肩こり、肌のトラブル、イライラ、気分の落ち込みの他、生活習慣病やがんなどの重い病気にも繋がってしまうのです。

 人間の体温の正常範囲は36.5±1℃とされています。基本的に36度を常に下回る場合は、低体温症ですので特に気を付ける必要がありますが、平熱が36度以上でも個人差や男女差、体温計の性能等によっても体温は変わってしまうので、数値にあまりとらわれるよりも、同じ環境で他の方と比べて自分だけが寒いと感じるようなことが多いなら、体が冷えていると考えられます。

 

 体が冷える原因はいくつかありますが、大きな要因は体内で熱がうまく作れない場合と、作られた熱が全身に届かない場合です。

 体の中で主に熱を作り出しているのは筋肉です。筋肉質の人は少し動いただけでもたくさんの筋肉を動かすことになるので体温が上昇しやすいのですが、筋肉量が少ない人は同じように動いても、生み出せる熱が少ないので体温も上がりにくいのです。

男性より女性に冷えを感じる人の割合が多いのは、女性の方が基本的に筋肉量が少ないからです。運動をしないで食事制限だけを行うなどの間違ったダイエットを実践し続け、筋肉量をさらに減らしてしまうと慢性的な冷えに悩まされる可能性につながります。

 次に、作られた熱が全身に届かなくなる主な原因は、自律神経のバランスの乱れです。自律神経のバランスが乱れると、血の流れが悪くなり、全身にうまく熱が送られなくなってしまいます。これはエアコンの効いた室内と暑い屋外を出入りして、血管が収縮したり拡張したりすることでも起こります。不安やストレスが原因となっていることもあります。
食べ過ぎや冷たい物の飲みすぎも冷えの要因です。食べ過ぎた場合は消化のために、冷たいものを飲みすぎた場合は胃腸が冷えることで、より多くの血液が胃腸に集まってしまい、熱産生量の多い筋肉やほかの器官への血液供給が減ってしまうからです。

特に、高脂質や塩分の多い食べ物・甘い物は、消化に時間がかかり胃腸に負担をかけ、体全体の冷えにもつながってしまいます。これらの食品はできるだけ食べ過ぎないことが、冷え対策のためだけでなく、健康維持のためにも大事と言えます。

⇒お役立ち情報の一覧へ戻る

▲このページのトップに戻る